スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敏感肌の女性が増加傾向

最近ある大手化粧品メーカーの調査で敏感肌の女性が増加傾向にあるという話題がありました。

これは若い頃からのゴシゴシ洗顔がアダになっつているような気がします。


化粧品メーカーは今まではお肌への優しさをあまり重視してこなかったように『思います。



一時的なお肌の美しさばかりを追い求めて商品を開発してきたツケが今、消費者に現れているよう泣きがします。



理念がない経営をしているとこういうことになるのではないでしょうか?



その点リライフォルスドーレの場合は代表の方が自分が使いたいと思って開発しているので安心ですね

敏感肌の成分表

化粧品の中には無添加や自然派と表記されているものもありますが、それらは全て安心して使えるものだとは限りませんよね。

特に無添加化粧品というネーミングのものは一般的には刺激性の強い成分を配合していていなけ商品というくらいのものでも無添加と称しています。


無添加化粧品には実ははっきりとして定義はなく、薬事法でも定められているわけでもありません。

着色剤が今後されていても香料がはいっていなければ無添加化粧品と呼ばれますし、防腐剤が入っていても着色剤がはいっていなければ無添加


そんなレベルです。



そして自然派化粧品は原材料が天然のものでも製造の生成過程において化学物質が使われる場合があります。


仮に自然派化粧品が天然のものだとしてもそばや米ぬかのように人によってはアレルギーを引き起こす場合もあります。


ですので自然派や無添加といっても、化粧品の場合は必ず成分表を確認してからの法がいいと思います。



最近の風潮としてなんでも自然派、無添加がいいというような空気がありますが、一概にはそうとも言えませんね。



他にも大豆エキスなどは美白成分として有効ですが、人によっては大豆エキスという場合もありました。


ですので、自然派化粧品の場合はしっかりと成分表を確認して自分がアレルギではないかどうかを確認する必要があります。




ここで少しだけ自然派化粧品の成分表を見るときの参考情報を

①成分の数をチェック
成分が多ければ多いほど効果的なように感じますが、逆に敏感肌の女性の場合はそれだけかぶれる可能性も高くなります


②1番はじめに表記されている成分をチェク
一番初めに表記されている成分が化粧品においてもっとも配合量が多い成分です。成分表記は配合量が多いものから順番に記載され、1%以下は順番はルールがありません


③1番最後の表記をチェック
最後に表記されるのは着色料です。赤色○号、青色○号、などの合成成分がたくさん表記されているものは注意が必要です。







敏感肌用基礎化粧品

敏感肌化粧品の正しい選び方

敏感肌の女性が基礎化粧品を選ぶときには、できるだけラインナップで揃えるほうがおすすめです。

もしも古い化粧品が残ったまま、当たらし基礎化粧品を使おうとする場合は、パッケージの裏の効果を確認してからの法がいいでうね。


ものによっては化粧品同士の愛称が悪い場合もありますので。



具体的には、さっぱり系の化粧水と、油分の多い美容クリームなどの組み合わせがあります。




なんとなく美容クリームは有効成分がたくさんあるものを好みそうですが、人によってはそれが刺激になる場合もあります。



また、さっぱり系の化粧水は基本的に脂分を配合していません。



それなのに。化粧水の後に脂っこい美容クリームを塗っていたのでは意味がありません。







また、最近人気のオーインワンタイプの化粧水・乳液・美容液・クリームが一体化した化粧品のありますが。これはその日のお肌の状況によって、省く必要があるものなどを調整できないので、個人的にはあまりおすすめできません。



基礎化粧品はそのときに必要なものだけを使うようにしましょう。




お肌はどんどん変化していますから。
今は良くてもある日旧にメイクのノリが良くなくなったりしますから・・・・

基礎化粧品選びのポイント

more...

敏感肌用化粧品の選び方

敏感肌基礎化粧品選びのポイント


世の中には星の数ほど基礎化粧品はありますが
敏感肌の女性の場合は、結局のところ自分に合っているかどうかということなんです。


年齢によっ自分のお肌のタイプが変わってくるように、あなたにも使ってほしい化粧品と、もう少し年齢層が高い方々がピッタリくる基礎化粧品は違います。




一般的には値段も高くて、年齢が上の女性が使っている基礎化粧品がなんとなくよさそうに思えますが、実は若い女性にとっては一概にそうとも言えません、




それは肌の水分量が年齢とともに変化するからです。


水分は生まれたときが一番多くて、年齢とともに減少していきます。
逆に皮脂の分泌はどんどん増える傾向にあります。

そして閉経後にまた減っていきます。

こういう理由で対象年齢外の基礎化粧品を使うと、脂分過剰になったり水分不足になったりしていまいます。


スキンケアはとにかく過剰なのはいけません。

かといって、もちろんほかりっぱなしもダメ。



スキンケアはお肌が必要としているものを必要なだけしっかりと与えてあげること。




また、基礎化粧品は突然お肌に合わなくなることがあります。


たとえ長年愛用してきた基礎化粧品でもいさぎよく変える勇気が大切ですね。
プロフィール

無添加化粧水愛用主婦

Author:無添加化粧水愛用主婦
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。