スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敏感肌の洗顔注意点

敏感肌の女性にはまずおすすめしたいのは洗顔の見直し。

毎日の生活の中で、顔には目に見えない汚れでいっぱい。
特に現代はタバコや排気ガスなど刺激性のある汚れも少なくありません。


食品などの添加物なども、口の周りに付着したりしています。

これらが皮脂や汗や化粧と混ざり合って、お肌の表面をベッタリと覆っている状態です。



これらをもしも、1週間そのままにしておいたとしたらどうでしょうか?


確実にお肌は病気になってしまうでしょう。


吹き出物やお肌が乾燥するであろうことは容易に想像できるかと思います。
敏感肌の原因は様々ありますが、まずはこれらの汚れをきれいに落とすこと最初のステップです。

特に人間のお肌は睡眠時に休息し、お肌を修復していますから、寝る前の洗顔は面倒でもぜひ丁寧に行ってくださいね。


そこで今回は敏感肌の女性の為のクレンジングについて、ご説明しましょう。


メイクはお肌に負担をかけるから、家に帰ったらなるべく早く落としてあげてください。
もちろんメイクを落とすときは必ずクレンジングを使ってくださいね。

敏感肌の女性は刺激を感じるクレンジングを嫌って、石鹸だけで落とそうとする女性がたまにいらっしゃいますが、基本的に油分でつくられている化粧は洗顔料や石鹸では落ちません。


多少は落ちているように感じますが、目穴などに残ったメイクは酸化して、とてもお肌に負担になりますから、お肌にやさしいクレンジングを選ぶ必要があります。



敏感肌の女性としては、たくさんあるクレンジングの中からどれを選べばいいか迷う事もあると思いますので、一般的なクレンジングのタイプをご紹介しましょう。



洗浄力が強い(刺激高い)

①ふき取りタイプ
水が必要なく、どこでも気軽にメイクを落とすことができる気軽さで人気ですが、逆に言えばそれだけ強力ということ、防腐剤も多く含まれるためお肌への刺激は抜群に強いtいえます。
敏感肌の方がこのクレンジングシートを使用するとお肌が炎症を起こす事がありますので注意が必要です


②オイルクレンジング
他のタイプと比べると洗浄力はダントツに高くて、人気ですが、楽にメイクを落とすことが目的の為に、強い合成界面活性剤を数種混合されている場合があります。
肌にとって必要な皮脂や潤いまで奪ってしまう為に、毎日使うものとしては負担が大きく、あまりおすすめできません


③クレンジングジェル、クリームクレンジング、クレンジングミルク
お肌への刺激性が一番小さく、比較的安心。
ただ、最近の落ちないメイクに対しては、洗浄力が足りず。アイメイク等は専用リムーバーを使用する必要があります。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

無添加化粧水愛用主婦

Author:無添加化粧水愛用主婦
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。