スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無添加の定義

無添加化粧品というとお肌にいかにも良さそうなイメージがあると思いますが、その定義は厳密にいうとあまりはっきりとはしていません。

オーガニックコスメも同じようなこととして使われています

実はこれはほぼ造語に近いところから生まれてきた言葉だからです。


添加物が身体にあまりよくないということが1990年代に広くしられるようになりました。

それは高度成長期の頃にいろいろな健康被害が現れてきたからです。


もともと化粧品は添加物が少し多いという性質がありました。




とくにバブルの頃は今ほど無添加とか自然派の関心が高くはなかったので、添加物はたくさん混合されていました。



添加物の目的は製品の安定性や持続性にあるのですが、それだけ成分の分解性を予防するような添加物は体内に入っても同じように分解されないということです。


それらが様様な悪影響を身体に与えるということが言われるようになってきました。




ところが化粧品である以上まったく添加物を入れないというわけにもいきません。



保存料がなければ数日で腐りますし、安定剤がないとドレッシングのようなクリームになります。



中には健康被害を及ぼす化粧品もあります。



そこで厚生労働省は化粧品に混合する成分の中で表示を義務付けるようにしましt。




100数種の特に悪影響の強い添加物を指定成分として化粧品に添加する際には表示を義務つけたのです。





これがいわゆる表示指定成分なのですが、これらを含まない化粧新を一般的には無添加化粧品と読んでいます



洗顔石鹸ゲルクリームなどの形状を問わずこれらの化粧品は無添加化粧品と呼ばれます



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

無添加化粧水愛用主婦

Author:無添加化粧水愛用主婦
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。