スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敏感肌の成分表

化粧品の中には無添加や自然派と表記されているものもありますが、それらは全て安心して使えるものだとは限りませんよね。

特に無添加化粧品というネーミングのものは一般的には刺激性の強い成分を配合していていなけ商品というくらいのものでも無添加と称しています。


無添加化粧品には実ははっきりとして定義はなく、薬事法でも定められているわけでもありません。

着色剤が今後されていても香料がはいっていなければ無添加化粧品と呼ばれますし、防腐剤が入っていても着色剤がはいっていなければ無添加


そんなレベルです。



そして自然派化粧品は原材料が天然のものでも製造の生成過程において化学物質が使われる場合があります。


仮に自然派化粧品が天然のものだとしてもそばや米ぬかのように人によってはアレルギーを引き起こす場合もあります。


ですので自然派や無添加といっても、化粧品の場合は必ず成分表を確認してからの法がいいと思います。



最近の風潮としてなんでも自然派、無添加がいいというような空気がありますが、一概にはそうとも言えませんね。



他にも大豆エキスなどは美白成分として有効ですが、人によっては大豆エキスという場合もありました。


ですので、自然派化粧品の場合はしっかりと成分表を確認して自分がアレルギではないかどうかを確認する必要があります。




ここで少しだけ自然派化粧品の成分表を見るときの参考情報を

①成分の数をチェック
成分が多ければ多いほど効果的なように感じますが、逆に敏感肌の女性の場合はそれだけかぶれる可能性も高くなります


②1番はじめに表記されている成分をチェク
一番初めに表記されている成分が化粧品においてもっとも配合量が多い成分です。成分表記は配合量が多いものから順番に記載され、1%以下は順番はルールがありません


③1番最後の表記をチェック
最後に表記されるのは着色料です。赤色○号、青色○号、などの合成成分がたくさん表記されているものは注意が必要です。







敏感肌用基礎化粧品
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

無添加化粧水愛用主婦

Author:無添加化粧水愛用主婦
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。